自己の最高の演技

学習のねらい:
  フィギュアスケートショートプログラムから、自身を立て直し、自己ベストを出した浅田真央選手
  の演技から、「自己を信じて最善を尽くすこと(Excellence)」について学ぶ

概要:
 第22回オリンピック冬季競技会
 (2014/ソチ)において、フィギュア
 スケートショートプログラムでは16位
 だった浅田真央選手が、フリー
 プログラムにおいては自己ベストを
 更新した。表彰台に届かない6位という
 結果であったが、アスリート、観客、
 その他大勢の人の心に深く刻み込まれた

発問例:
 ・ショートプログラムの失敗を乗り越えて、フリープログラムで最高の演技ができたのは
  なぜでしょうか?
 ・日常生活で、このような困難な場面に直面したことはありますか?
 ・困難に直面したとき、どのように考え、どう行動しましたか?浅田選手の事例から、今後、
  どのような行動をしたいですか?

コメント:
 国や世代、性別をこえて多くの人が浅田選手のパフォーマンスに感動したことから、スポーツ
 の持つ価値についてさらに深く考えることも可能