「世界で1番クールな人間」体操男子 内村選手へのリスペクト

学習のねらい:
 リオオリンピック体操男子個人総合銀メダリストであるオレグ・ベルニャエフ選手(ウクライナ)、
銅メダリストのマックス・ウィットロック選手(イギリス)の、内村航平選手へのコメントから
「他者を尊敬すること(Respect)」と、それを発信することの価値について学ぶ。

概要:
 2016リオオリンピックの体操男子個人総合
で、日本の内村航平選手がウクライナの
オレグ選手を逆転し、金メダルを獲得した。
メダリストの公式記者会見では、内村選手
に「あなたは審判に好かれているのでは
ないですか?」と質問されたが、内村選手
は「ジャッジは公平である」と回答した。
そして、質問受けていないオレグ選手が
続けて「スコアは神聖でフェア。あなた
の質問は、無駄な質問だ」と公の場で
コメントした。

発問例:
 ・最終結果が決定した時、内村選手と、オレグ選手はどのような気持ちだったでしょうか?
 ・オレグ選手は、なぜ自分自身への質問ではない質問に、敢えてコメントを
  したのでしょうか?
  オレグ選手の発言・行動をどう思いますか?
 ・オレグ選手が、全世界に放送される記者会見の場でこのような発言をしたことは、スポーツの
  価値にどのような影響を与えますか?